稼ぐ 小遣い 副業

アフィリエイトで第2の収入源を構築しよう!!  > スポンサー広告 > パナソニックの「肉を切らせて骨を断つ」戦略=中国メディア> 未分類 > パナソニックの「肉を切らせて骨を断つ」戦略=中国メディア

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パナソニックの「肉を切らせて骨を断つ」戦略=中国メディア

2011年12月07日(水)

猪熊です。 こんにちは。


今日はこんな情報を見つけました!!!


例によってシェアします。


メルマガやブログの記事作成にご活用ください!



 パナソニックが長年誇ってきた事業を手放すことが分かった。競争が激化するなか、ビジネスモデルの徹底的な刷新なくしてはかつての栄光を取り戻せないことを、パナソニックはすでに認識しているようだ。中国網日本語版(チャイナネット)は「パナソニックは肉を切らせて骨を断つ戦略をとった」と報じた。以下は同記事より。

 同社がテレビ市場において徐々に力を失ってしまったおもな原因として、プラズマテレビに固執してきたことが挙げられる。中国における2010年のフラットパネルテレビ市場を例にとると、液晶テレビの売り上げは3400万台だったのに対し、プラズマテレビはわずか161万台だった。世界のテレビ売上数で見ると、液晶テレビが1億8000万台でプラズマテレビが1500万台足らずだった。

 市場における低迷により、パナソニックは液晶テレビの生産に転じざるを得なくなった。しかし転身するのも時間がかかりすぎた。2011年初頭、同社は製品戦略の見直しを明言、世界のカラーテレビ生産企業において最後発の液晶テレビ生産メーカーとなった。ところが、液晶テレビ市場はすでに飽和状態になりつつあったのである。

 断腸の思いでパナソニックは大規模なリストラを行い、プラズマ、液晶ディスプレー事業からの撤退を行った。その後、パナソニックは事業転換を果たし、新エネルギーや環境分野に重点を置くことにした。その一環として2011年4月、同社は三洋電機と松下電工を全額買収し、充電池やロボット、電子部品、照明設備、太陽電池用パネルの生産に充てることにした。これも事業戦略の変化を示している。

 パナソニックの代表取締役社長、大坪文雄氏の指揮のもと、経営モデルの3大転換を目指している。大坪氏は「従来の事業からエネルギーなどの新分野への転換、日本中心から全面的なグローバル化への転換、単一製品によるソリューションからシステム型ソリューションへの転換を果たす」と述べている。

 業界筋の分析では、パナソニックの事業レンジは比較的バランスが取れており、消費家電製品は広くラインアップされている。最近では白物家電に対する省エネや環境対策に力を入れており、この方面での基礎が固まっている。テレビメーカーとしての王座を譲り渡すことが、同社にとっては最良の選択なのかもしれない。(編集担当:米原裕子)



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111206-00000042-scn-bus_all
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



今日の情報は役に立ちましたか?


感想&リクエストは随時受付中です。


応援クリックをお願いします。



コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL:
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック

 
FX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。