稼ぐ 小遣い 副業

アフィリエイトで第2の収入源を構築しよう!!  > スポンサー広告 > 銘柄パトロール(2):DENA、ラサ工、エプソン、シチズンHD、山武など> 未分類 > 銘柄パトロール(2):DENA、ラサ工、エプソン、シチズンHD、山武など

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銘柄パトロール(2):DENA、ラサ工、エプソン、シチズンHD、山武など

2011年12月06日(火)

猪熊です。

最近どうですか?


猪熊はコツこつと情報収集に励んでいます。


メルマガやブログの記事作成にご活用ください!


今日はこの情報をシェアします。



 DENA 2450 -69
 3日ぶりに下落。コスモ証券は、同社の投資判断を従来の「B」から「B+」に引き上げ、目標株価は3500円から3000円に引き下げた。本格的な株価上昇には国内外事業での収益改善を確認する必要があると考えるが、プロ野球球団買収が完了したことで同社株価の下落要因となっていた悪材料は出尽くしになった可能性が高いと指摘。今後は同社の成長に対する期待へ関心が移るとコスモ証券ではみているそうだ。

 ラサ工 130 +1
 反発。コスモ証券は、同社の投資判断「B+」、目標株価170円を継続した。機械事業について
は、本契約はこれからながら、震災復興絡みの粉砕機等3案件については、プラントの設計図も既に入手済みで、受注は確実とのことであるそうだ。このほかにも、同社に持ち込まれる案件は多数あり、交沙中の案件は増えており、今下期から来上期にかけては、機械事業は高稼働が期待できそうだとも。

 エプソン 1053 -31
 4日ぶりに反落。ゴールドマン・サックス証券は、同社の投資判断を従来の「買い」から「中立」へ、今後12ヵ月の目標株価を1120円から1090円へ、それぞれ引き下げた。当初の推奨ポイントであった(1)IJP事業における原価低減、(2)ビジネスIJP市場への本格参入、(3)電子デバイスにおける事業の選択と集中などは、碓井稔社長の指揮の下、概ね実現という。一方、足元はHewlett Packardによる価格攻勢が想定以上に激化、中期成長期待は不変も今期/来期の収益見通しがあまりに厳しいと指摘。市場期待値の調整が進むまでは、中立スタンスが妥当と考えるそうだ。

 シチズンHD 448 -7
 続落。ゴールドマン・サックス証券は、同社をGS精密機器カバレッジ内におけるトップピックとし「買い(コンビクション)」の投資判断を継続し、今後12ヶ月の目標株価を従来の490円から510円に引き上げた。多くのハイテク企業が7-9月期決算発表時に業績見通しを引き下げるなか、同社は通期営業利益予想を維持したという。時計の新興国における成長力や高付加価値ムーブメントの収益性の高さを示したそうだ。

 山武 1634 -43
 続落。野村證券は、同社のレーティング「Neutral」を継続し、目標株価は従来の2000円から1700円に引き下げた。12年3月期上期決算の取材を受け、業績予想を下方修正したという。アドバンスオートメーション(AA)事業を中心に業績改善が続くという基本感は変更ないそうだ。しかし、ビルオートメーション(BA)事業は、既設ビル向け需要の伸び悩みや経費増加により12年3月期は営業減益を予想するという。景気の先行き不透明な中での業績の底堅さは評価され、株式市場が軟調な局面では、相対的に安定した株価推移が期待できるとも。

 パイオニア 359 -8
 反落。SMBC日興証券は、同社の今後6~12ヵ月の目標株価を従来の480円から470円に引き下げたが、投資評価は「1」は継続した。AV機器業界に高い成長が見込める分野はなくなったが、カーエレクトロニクス関連については、好調な世界の自動車販売に伴い安定成長が見込め、特に新興国ではこれから市販市場が拡大すると考えており、AV機器業界の中では相対的に優位なポジションにあると考えるという。さらに13年3月期の予想ROEが15.3%になる点もポジティブに評価するそうだ。

 リンテック 1402 -66
 4日ぶりに反落。みずほ証券は、同社の目標株価を従来の2500円から2100円へ引き下げたが、投資判断は「買い」を継続した。太陽電池用バックシートの需要減退並びに電子・光学関連の減速を背景に、みずほ証券予想を下方修正するという。いずれも12年3月期上期の下落幅はみずほの想定を上回ったが、下期中に在庫調整は一巡し、13年3月期は回復に転じると予想するそうだ。バックシートの新生産方式の導入やミックスの改善、原材料コストの低下による収益性向上により、14年3月期は過去最高益更新が視野に入ると指摘。

 ブラザー 1010 -3
 続落。大和CMは、レーティングは「2」(強気)を継続し、業績予想の見直しにより今後12ヶ月間の目標株価は1250円(従来1400円)に引き下げた。2012年3月期業績は売上高5015億円、営業利益375億円と引き続き、会社計画を上回る水準を予想するという。株価は直近ボトム(857円、10月5日終値)から2割近く上昇しているものの、目先の業績上振れに注目し、もう一段の株価上昇を予想するそうだ。

 ソネット 295200 -5800
 3日ぶりに反落。いちよし経済研究所は、同社のフェアバリューを45万円とし、レーティング「A」を付与した。2013年3月期以降ソネットエンタテインメント本体の営業利益が拡大期を迎えると予想するという。このため、企業価値が再評価される局面に来たと考えるそうだ。2013年3月期以降はソネットエンタテインメント本体の主力事業であるネットワーク事業の利益貢献の拡大や、新規事業であるオンラインゲームの成長ステージへの移行等により、同社本体の企業価値が再評価される局面に入ると考えるという。

 アステラス薬 3005 ±0
 ドイツ証券は、同社のレーティング「Buy」、目標株価3700円を継続した。ドイツ証券では同社に関して、医薬品株投資において最大の懸念の一つであるパテントクリフから開放され、既存の主力品の伸長と10個以上の後期開発品の寄与から今後5年間の営業利益のCAGRを13.6%とみていという。現在の株価水準はそれを十分に反映していないと指摘。(編集担当:佐藤弘)



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111206-00000068-scn-biz
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



今日の情報は役に立ちましたか?


応援クリックをお願いします。


人気ブログランキングへ

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL:
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック

 
FX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。