稼ぐ 小遣い 副業

アフィリエイトで第2の収入源を構築しよう!! 

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資信託投資は駄目なのか(現在の状況「経済成長低迷・人口減少・税制・利息などの視点含める」)?

2010年12月26日(日)


ご協力をお願いします。

人気ブログランキングへ

分散投資の仕組みを持つ投資信託は、株の現物投資やFXなどに比べて概ねリスクの低い投資分野というイメージが根付いているように見えます。しかしその反面で大きく損失を出している投資家がいるのも事実です。

2008年の秋に起こった世界的な金融不安、世界同時不況で、個人投資家の資産は22兆円もの損失を出しているらしいのですが、この中には投資信託を退職金で購入している個人投資家の損失が多くを占めていると言われています。

投資信託を運用するファンドマネージャーと言われる人たちが、その高い手数料を得るに値するだけの優秀な金融のプロだとするなら、私たちはもっと見る目を養う必要があるのかも知れません。

ただそれ以上に認識をあらためなくてはいけないのは、プロが運用し、仕組み自体に分散投資のリスク軽減効果がある投資信託と言えども、安全性において限界があるということです。

退職金を投資信託に注ぎ込んでしまった個人投資家の多くは投資信託のなかでもリスク商品と言われる株式投資信託だったはずです。日本の個人投資家のレベルが諸外国に比べてまだ低いから、多額の損失を生んでしまったとも言えるのでしょうが、同じ投資家のレベルということで言えば、投資信託の運用会社のファンドマネージャーも、諸外国に比べてレベルが低いと言わざるをえないでしょう。また投資商品を販売している人間にしても、投資家の経験に応じた商品を提案出来ていなかったという点で金融商品の販売者としての程度の低さを露呈しています。

いずれにしても、今後またあの時のような金融恐慌が勃発することは十分考えられます。それを想定した場合、今の日本の投資信託は、販売の体制にしても運用会社のファンドマネージャーの投資スキルにしても、懸命の努力で築いてきた貯蓄資産や退職金を安心して任すことができる相手とはいえないでしょう。

全ての投資信託とそのブームを否定するつもりはありませんが、それでも投資信託で資産運用をするのであれば、元本を減らしても投資のプロたちは何ら責任を負わないということをわきまえ、自己責任のもとに自身の資産を預け入れなければならないでしょう。


少しでもお役に立ちましたら
クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

ファンドマネージャーと商品の選択の難しさ

2010年12月25日(土)


ご協力をお願いします。

人気ブログランキングへ

投資信託は、ファンドマネージャーの投資スキルに投資していると言う側面があります。しかし肝心のファンドマネージャーの力量を判断する情報は、過去の運用実績、そして今後の投資方針ぐらいのものです。この程度の情報しか開示されていないところにも投資信託のリスクが存在していると言えるでしょう。プロが運用するので比較的安全な投資商品と言われている投資信託ですが、投資家によって受益率に大きな差が出るのは商品とファンドマネージャー選びが難しいからです。

また投資信託はリスク分散型投資と言われていますが、検討しているファンドがどのようにリスク分散されているかは分かりにくいと言えます。これも投資信託のリスクではないでしょうか。

もし保有しようと考えているファンドの投資対象が、相関関係の高いものばかりで構成されていたらどうなるでしょう。たとえば、日本の株式と外国債券は、相関関係は低いとされていますので、こうした組み合わせで構成されている商品ならリスク分散になります。これが、特に抜きん出た企業が存在しない業界の、同業系の銘柄ばかりで構成されている商品だと、業界全体が低迷した場合などはトータルで全てマイナスに振れてしまうことが考えられます。そんな危険なファンドなどないと思うかもしれませんが、なかにはそんな商品が紛れていることもあるのです。

もちろん経験の長い投資家ならそんなファンドに投資をすることはないでしょうが、経験の浅い投資家のなかにはそうしたおかしなファンドを、知らないで掴んでしまっているケースもあるのです。

ファンドマネージャーの質と投資対象に選んでいる銘柄の相関関係のバランスを、誰でも分かるように開示されていない、またされていても分かりにくいということが、投資信託をリスク商品にしている原因のひとつと考られます。

少しでもお役に立ちましたら
クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

投資信託投資の本来のデメリットとは?

2010年12月24日(金)


ご協力をお願いします。

人気ブログランキングへ

とにかく手数料が高い

投資信託のいちばんのデメリットは手数料の高さにあります。まず投資信託に関わる業者は、ファンドを販売する販売会社(銀行、証券会社、生損保、投資信託会社など)、運用の指図を行なう投資会社(運用会社)、資金の管理・保管、有価証券への投資などを行なう信託銀行などといった3段構造で構成されています。この構造を見ただけで、コストがかかりそうな業態ということが想像できます。

まず投資家が直接支払うコストとして販売手数料とその消費税があります。そして換金にかかる換金手数料、換金した利益にかかる税金、収益分配時の分配金に対する税金などがあります。

また間接的に負担するものに、保有時に毎年かかる信託手数料がありますので長期投資を計画している人ほどなるべくインデックス型の商品を選択した方が賢明です。それとファンドの組入資産の入れ替えなどにかかる売買委託手数料などがあります。

恐らくあらゆる投資系の金融商品のなかで、投資信託がもっとも高コストな金融商品のはずです。これだけを見てしまうと投資信託を選ぶのを躊躇してしまいそうですね。

これらの総額を運用益で出すにはどの程度の利回りを実現しなければならないかを計算すると、投資信託で純利益を出すのが意外に大変だということが分かるはずです。そう考えるといかにコストのかからない投信を選ばなければならないかと言う結論に行き着きます。

インデックス型投信や販売手数料が無料のノーロード型の投信が注目されている意味をあらためて考えてみる必要があるでしょう

少しでもお役に立ちましたら
クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

投資信託投資の本来のメリットとは?

2010年12月23日(木)


ご協力をお願いします。

人気ブログランキングへ

少額資金ではじめることができる

投資信託のメリットは、少額資金ではじめることができる点、実際の運用をプロに任せることが出来る点、仕組み自体が分散投資となる点が挙げられますが、なかでも少額資金ではじめることが出来るというのが投資信託の最大のメリットになるでしょう。ほかのメリットも確かに投資信託の特徴でありメリットであることは間違いないのですが、本当にそうなっているかどうかを客観的に確証することはかなり困難です。

たとえば、運用のプロに任せることが出来ると言っても、どの程度のスキルをもったプロなのか、経済環境の混乱がどの程度まで進んだら、運用実績に影響が出る可能性があるのかといったことまでは分かりません。投資だから100%はあり得ないと言うのは事実ですが、比較的高い信託報酬が発生する商品についてはもう少し客観的なファンドマネージャーの情報が欲しいところです。

また分散投資についても、投資対象がこれこれだから相関関係はこうなっているので、リスクについてはこういう状況の中ではこれぐらいではないか・・・というところまで踏み込んだ情報を得るのはかなり難しいと言えるでしょう。投資対象が列挙されているだけでは、どの程度のリスク分散なのかが多くの人には分からないのではないでしょうか。

その点、投資資金に関しては明確にされていますし(当たり前ですが)、投資家も少ない資金からファンドに参加できますので、少額で投資している段階では、万一損失を被っても大きな損失にまで発展させないで済むわけです。そのためほかのメリット候補に存在する不確定部分を補う効果もあると言うことです。

その意味では、投資信託がはじめてという個人投資家は、失っても授業料としてあきらめのつく範囲の投資資金で、まずはじめるということが大事だと言えます。投資信託の場合、FXのように投資資金が少ないとすぐ強制決済になってしまうということもありません。少なくともはじめは、自分の力に見合った金額で投資してみてください。



少しでもお役に立ちましたら
クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

ハイリスクな株式信託投資

2010年12月22日(水)


ご協力をお願いします。

人気ブログランキングへ

株式投資信託は、リスクが高くて現物取引では挑戦できない株式投資を投資信託で投資することができるため、投信のなかではハイリスク分野ですが、ある程度のある個人投資家の方には投資のし甲斐のある投資信託と言えるでしょう。

株式の最大の特徴は値動きが大きいということです。そのため現物株の取引は、誰でも成功出来るジャンルの投資ではありません。投資信託であれば、特定の株式が大きく値を下げてもほかの銘柄でカバーすることができる仕組みになっているので、現物株の取引に比べればリスクは軽減されます。投資信託で株の値動きに慣れてから現物取引にチャレンジしてみるのも良いと思います。

ボラタリティが大きい株式投信は、何年も値を下げて苦しむ時もありますし、乱高下を繰り返す場面も多々あります。ただし、成長分野の銘柄や経済成長を続けている国の株式ファンドであれば、かつての日本経済がそうだったように、10年ぐらいのスパンで着実に株価は上昇してくるものです。そこを辛抱強く待てるかどうかも、株式投信で勝てるかどうかの分かれ目でもあります。その意味で株式投資信託は、長期投資を基本にがっちりと取り組んだほうが良いでしょう。

ただ日本の銘柄を中心にした株式投信に関しては、長期保有して上昇を見つめるだけの価値があるかどうか、今の状況を見ていると判断が難しいところです。一般的には海外の株式のほうがリスクが高くなりますが、魅力的なファンドは海外に集中しています。しかしこの分野に進んでいくには、ある程度の投資経験と知識、経済の流れを読み取る力も必要になります。とにかく、投資出来るジャンルを広げていくには、じっくりとひとつひとつ学んでいくしかありません。




少しでもお役に立ちましたら
クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

プロフィール

猪熊 貴明

Author:猪熊 貴明


  • くわしくはこちらへ
  • Twitter

    最新記事

    最新コメント

    最新トラックバック

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    リンク

    QRコード

    QR

    ブロとも申請フォーム

    使用教材

    メルマガ

    おすすめレンタルサーバー

    FC2カウンター

     
    FX
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。