稼ぐ 小遣い 副業

アフィリエイトで第2の収入源を構築しよう!! 

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不動産投資 ワンルームマンション投資の実態は?

2011年05月07日(土)

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
お役立ち情報満載のメルマガはこちら↓↓↓
→ http://inotaka.com/web/mailmaga.html
携帯用購読はこちら↓↓↓
→ http://mobile.mag2.com/mm/0001236752.html
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

無料レポートつくりました。

不動産投資に興味を持って、いろいろ情報収集している人って

結構多いのではないでしょうか?

区分、一棟もの、新築、中古、都心、地方・・・・


色々なケースでの不動産投資本が出ていて、実際情報過多な

感じではないでしょうか?


今回は、不動産投資の中で、比較的ハードルが低いと思われている

ワンルームマンション投資の実態と見込める効果について

まとめてみました。


不動産投資を勉強し始めたばかりの人や、業者に区分所有の投資マンションの

営業を今現在受けている人はぜひ読んでください。

レポートタイトル


【猪熊貴明】不動産投資を始める前に、騙される前に、失敗する前に読んでおこう!

 ワンルームマンション投資って実際どうなんだ



ダウンロードはこちら

⇒ http://mailzou.com/get.php?R=34246&M=17878






∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

少しでもお役に立ったら、ご協力をお願いします。
→  http://inotaka.com/web/brank.html

お役立ち情報満載のメルマガはこちら↓↓↓
→ http://inotaka.com/web/mailmaga.html

携帯用購読はこちら↓↓↓
→ http://mobile.mag2.com/mm/0001236752.html

おきてがみはこちら↓
おきてがみ


∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

スポンサーサイト

住宅ローン 繰上げ返済するならどっち

2011年02月10日(木)

今回は、自宅の住宅ローンの見直しの一つである、

繰上げ返済について考えてみましょう。


◎住宅ローンの繰上げ返済とは


住宅ローンの繰上げ返済とは、返済の途中で、

本来の予定とは別に元金を多く返済することです。


一定のまとまった資金を一部(または全部)前払いする

ことで、返済利息を減らすメリットがあります。


繰上げ返済には、債務を全部返済する一括繰上げ返済と、

一部繰上げ返済があります。


通常、繰上げ返済というのは、この「一部繰上げ返済」の

ことを言います。


一部繰上げ返済には、返済期間短縮型と返済額軽減型の

2種類があります。



<期間短縮型の特徴>


・毎月の返済額を変更せずに、繰上げた元金に相当する

期間だけ返済期間が短縮されます。


・早い時期に実行すると、それだけ利息軽減効果が

大きくなります。


・元金返済回数分だけ返済期間が短縮されます。


一部繰り上げ返済で、一般的によく行われているのが、

この返済期間短縮型です。



<返済額軽減型の特徴>


・返済期間を変えずに、毎月の返済額を軽減されます。


・月々のローン負担を軽くしたい場合に有効。


・利息軽減効果は、期間短縮型と比べると小さくなる。



繰り上げ返済に際して、期間短縮型と返済額軽減型の

とちらを選んだらよいか。


と迷われる方多いと思います。


次号ではその選択の際の考え方をFP視点でお伝えします。



※掲載内容は、あくまで一般的事例にもとづいての内容ですので
 参考程度にとどめてください。
また、その他当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、
 当方は一切の責任を負いません。

賃貸退去時の「原状回復義務」ってどこまでしたらいい

2011年02月03日(木)

お役立ち情報をお届けするメルマガ登録はコチラ!
http://www.mag2.com/m/0001236752.html


これから、卒業や転勤、新入学等、大勢の人が動く春が

近付いてきました。

これから新たな生活にむけて新居を探す方も多いと思います。

そこで、今号では賃貸住宅の退去時の「原状回復義務」に

ついてお伝えします。


賃貸の住宅に住んでいて、転居した時に

「部屋をキレイに掃除して退去したつもりなのに、

 戻ってきた敷金が少ない…」

という経験がある方は多いのではないでしょうか。


敷金の戻り額は一般に、部屋の原状回復義務を

キッチリはたしているかどうかで決まります。

知識の乏しい「借主」は「原状回復義務」の範囲を

理解する間もなく、

退去の際は、不動産屋(管理会社)のほぼ言いなりに

なってしまっていることが多いと思います。


原状回復義務の基本は善管注意義務に反する

キズや汚れ、故意・過失による損耗について

修復することです。

善管注意義務とは、人のものは大事に使う、

手入れを怠らないなど、善良な管理者に

通常期待される振る舞いのことです。


簡単に言うと、大切に扱わず、掃除も手入れも

行わず汚してしらり、壊してしまったものは

修復しないといけないということです。


ですから、自然損耗や経年劣化など、

通常の使用をしていた場合に発生する

損耗の補修は必要ないのです。


具体的に言うと

・壁や畳、クロスの日焼け

・畳やカーペットについたタンスやベットの跡

・画鋲の穴

などは本来は通常の使用の範囲内になるのです。


ところが、たいていの場合は

入居時に簡単に説明される契約書の中に

特約として、

・鍵の交換費用

・退去時のハウスクリーニング費用

・その他いろいろ

盛り込まれているために

退去時に当たり前のように請求してきます。


ですから、入居時の契約の際に

契約書の内容をきちんと確認する。

特に、退去時の取り決めについては

十分に確認することが重要です。


そうすれば、退去時に余計な費用を

払うことなく、敷金も戻ってきて

ラッキーになるのではないでしょうか。


また、すでに入居済みで、退去予定の人は

契約書を確認した上で、大家さんもしは管理会社に

一旦、相談してみましょう。

ひょっとしたら、交渉に応じていただける

かもしれませんよ。

言うのはタダなんで・・・・

お役立ち情報をお届けするメルマガ登録はコチラ!
http://www.mag2.com/m/0001236752.html


※掲載内容は、あくまで一般的事例にもとづいての内容ですので
 参考程度にとどめてください。
個別の細かい内容は税理士に相談されることをお勧めします。
また、その他当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、
 当方は一切の責任を負いません。

確定申告について理解する

2011年01月31日(月)

来月16日からいよいよ確定申告が始まります。

昨年から、アフィリエイトなどを始めて

本業の給与の他に、収入が20万円以上あった人は

確定申告しなければいけないことは、

以前にお伝えしました。


それでは、具体的にどのように手続きするのか?

アフィリエイター向けに、確定申告の手順を

詳しく、そして分かり易く説明したレポートを

紹介させていただきます。



<レポートタイトル>

『◆サイコ◆超具体的!

 今すぐできるアフィリエイト収入の確定申告方法 

 全65ページ完全ガイド!2011』


<レポートの内容>

 ■初心者さんも必見!稼げるようになる前からやっておくべき○○
 
 ■主婦アフィリエイター必見!扶養・配偶者控除に関する注意点
 
 ■アフィリエイト収入は雑所得?事業所得?
 
 ■白色申告と青色申告のメリット・デメリット
 
 ■アフィリエイト収入の集計における重要な2つのポイント
 
 ■実際の確定申告手順を具体的に1つずつ説明


<感想>

 このレポートは主として、アフィリエイター向けに
 
 確定申告について、分かり易く書かれています。

 大きく、確定申告の基礎知識と実際の作成手順の

 2つのパートに分かれています。

 これを読めば、今回初めて確定申告する人も

 迷うことなく手続きを完了させることができると

 思います。 
 
 FP視点で見ても、非常に分かり易くまとめられた

 レポートで、大変お薦めです。


<レポートはこちら>

 http://inotaka.com/web/fr2.html



※掲載内容は、あくまで一般的事例にもとづいての内容ですので
 参考程度にとどめてください。
個別の細かい内容は税理士に相談されることをお勧めします。
また、その他当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、
 当方は一切の責任を負いません。

不動産売却時の諸費用と手取り金額 その2

2011年01月26日(水)

ご協力をお願いします。

人気ブログランキングへ

前回に引き続き、不動産売却時の諸費用と手取り金額についてのお話です。

今号では不動産売却時の税金についてお伝えします。


不動産売却時の手取り金額は

前号でお伝えした通り、

手取り金額=売却価格-(諸費用 + 残債 + 税額)

算出できます。

ただし、上記計算式の税額については

支払時期が他のものと異なるので注意が必要です。


諸経費と残債の清算は、

不動産の売買の決済時に完了します。

しかし、譲渡益が発生した場合の納税は

売却年の翌年の確定申告で税額が決まり

その時点で納税になります。


ですから、譲渡益が発生した場合は

後で納める税金の分を確保しておく必要があります。


不動産の売却譲渡所得は、売却した不動産の

所有期間に応じて、短期もしくは長期に分けられます。


譲渡した年の1月1日現在の、所有期間で

短期と長期に分けられます。


短期譲渡は所有期間が5年未満の場合で、

5年以上の場合は長期譲渡として扱われます。


ここでの、ポイントは譲渡した年の1月1日時点で

判断されること。

わかりやすく言うと、購入後、5回お正月を迎えたら

めでたく長期譲渡所得扱いになります。

短期と長期の違いは、ズバリ適用税率の違いです。


短期譲渡所得は、税率39%(所得税30%、住民税9%)

長期譲渡所得は 税率20%(所得税15%、住民税5%)


その差、11%!結構差があります。


不動産譲渡所得については単純に

購入額 - 売却額 ではありません。


少し、分量は少ないですが、今回はここまでにします。

続きは、次号で数値を使いながら具体的に説明します。


※税に関する内容は、あくまで一般的事例にもとづいての内容ですので
参考程度にとどめてください。
個別の細かい内容は税理士に相談されることをお勧めします。
また、その他当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、
当方は一切の責任を負いません。


少しでもお役に立ちましたら
クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

プロフィール

猪熊 貴明

Author:猪熊 貴明


  • くわしくはこちらへ
  • Twitter

    最新記事

    最新コメント

    最新トラックバック

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    リンク

    QRコード

    QR

    ブロとも申請フォーム

    使用教材

    メルマガ

    おすすめレンタルサーバー

    FC2カウンター

     
    FX
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。